相続に必要な知識と書類が不明なら司法書士に相談してみよう

きちんとしたサポート

レディ

会社破産の危機がある可能性を感じた場合には、会社倒産、再建を専門としている弁護士に相談して解決していきましょう。法律で縛られている細かいことまでサポートしてくれます。

利用する制度

説明

住宅購入の場合の相続時精算課税制度の要件

住宅を購入する際、よく利用されるのが贈与税の非課税制度です。この制度の適用を受けると、数百万円の贈与をしても贈与税が発生しなくなります。この制度と共によく利用されるのが相続時精算課税制度です。この制度は、親や祖父母が、子や孫に贈与した場合に適用を受けられる制度です。通常は、親・祖父母が60歳以上、子・孫が20歳以上である必要があります。しかし、大阪で住宅購入のための資金を贈与した時のみ、親・祖父母は60歳未満でも構わないことになっています。相続時精算課税制度の適用を受けるには、申告が必要です。その際、同時に適用を受けるための届出書、戸籍などの添付書類も提出しましょう。提出期限は贈与税の申告期限と同じ、贈与年の翌年2月1日から3月15日となります。どのような書類を提出、作成したらいいのか迷った場合には司法書士などのプロに任せてみるのもいい方法です。大阪には数多くの司法書士が存在してますので、安心して深刻することができるでしょう。

合わせて3000万円が非課税に

非課税制度は、年によって受けられる非課税額が変わってきます。平成27年の場合、一定の住宅を除き、その額は500万円となります。500万円で買える住宅はなかなかありません。相続時精算課税制度は適用を受けると、2500万円の控除を受けることができます。合わせれば3000万円分の贈与をしても、贈与税は発生しないということです。このため、住宅を購入する際は、非課税制度と共に利用されやすいのです。住宅購入の場合だと、贈与者の年齢に関する要件が撤廃されるのも、利用者が多い要因となっています。さらに、平成27年の贈与税の改正により、孫も相続時精算課税制度を利用できるようになりました。これにより、これからさらに利用者が増えることが予想されます。